クレジットカードのVISAとJCBとは?

クレジットカードのVISAとJCBとは?

VISAとJCBにはどんな違いがあるの?

クレジットカードのVISAとJCBとは?

クレジットカードをどれにするか決める際に、VISAにするか、JCBにするか会社側から聞かれることがあります。どっちでもクレジットカードには変わりがなく、支払い決済の提携会社が異なるだけです。その決済を提携している会社の中でも、国際ブランドとなっているいるのが「VISA」です。

 

JCBはどちらかというと日本の提携会社という印象が強いですが、近年は海外でも利用できるようになっています。他にもMastercardなどの提携会社もありますが、まずは「VISA」と「JCB」の二つを見てみましょう。

 

提携会社の詳細情報

VISAは世界中で決済をスムーズにできるブランドとなっています。VISAはValue Issuer Service Areaの頭文字をとっています。本社はアメリカにあり、決済業務では世界で1位になり、多くの人に利用されているカードとなっています。発行数もほかのカードに比べて多く、加盟店舗も一番多いという業績を持っています。

 

JCBは海外旅行保険などに特化しているカードとなっているようです。JCBは日本クレジットビューローが発行しているカードで、アジアでは特に多く利用されているカードです。日本語サポートがあるので安心して使えるという点が強みになっています。American expressとも提携しているようですので、利用できる場所も広がっているようです。

 

VISAとJCBは審査基準が高い

VISAとJCBは審査基準が高いという人もいるようです。ほとんどのクレジットカード会社は、審査基準を公開していませんが、審査が通らずクレジットカードを持てない人も多いことから、このVISAとJCBは審査基準が高いのではないかといわれています。しかし、どのクレジットカード会社も、審査では信用情報をもとに審査しています。

 

ネットショッピングでクレジットカードを利用したり、クレジットカードのキャッシングを利用したりした後に、支払いや返済をきちんと行っているかどうかという点も審査に影響します。

 

返済をきちんと行っているなら審査に通過することができるかもしれませんが、返済が滞っていたり、未返済・借り入れ中の情報があるなら、事故情報として見られますので、審査に通過することが難しいといえるでしょう。国際ブランドだからこそ、審査で信用できる人であるかどうかをきちんと見ているので、計画的にクレジットカードを利用するようにしましょう。

関連ページ

長く使えるクレジットカードおすすめ
クレジットカードは、しっかりと支払いを滞ることなく長く使えば使うほど、クレジットカード会社からの信頼度は増していくものといえます。このように長く使うとお得になるクレジットカードだけに、クレジットカード会社選びは重要です。この視点から見たクレジットカード会社選びのポイントについて解説していきます。
使っていないクレジットカードは解約しよう
利用するお店や目的、支払い先で分ける目的や、おつきあいで作るなど、だんだんクレジットカードも増えて、使わないものも出てくることもありがちです。ここでは、使っていないクレジットカードはそのまま持っていても良いものなのか、わかりやすく解説していきます。
審査が甘いクレジットカードの基準
お店での買い物やネットショッピングなど、いろいろな場面で便利で使い勝手が良いのがクレジットカードのメリットです。このクレジットカードも審査で引っかかると作れないばあいもあるのです。ここでは、比較的審査が甘いクレジットカードの基準について解説していきます。
クレジットカードの審査基準と内容
いろいろな場面で非常に便利に支払いができるクレジットカードは一度その便利さを知ってしまうと、なくてはならないものになってきますよね?しかし、クレジットカードは審査を通らなければ作れません。ここでは、クレジットカードの審査基準とその内容についてわかりやすく解説していきます。
海外でも使えるクレジットカードを選ぼう
普段、国内で日常的にクレジットカードを利用して買い物をされている方であれば、旅行、仕事などで海外に行った際にも使えるクレジットカードがあれば非常に便利ですよね?ここでは、海外でも使えるクレジットカードの利便性などについてわかりやすく解説していきます。
審査が甘いといえる条件とは
審査に通過しなければ、クレジットカードを作ることが出来ないので、自分がクレジットカードを作れるのか、気になるところですよね?ここでは、そのクレジットカードの審査で基準が甘いと言えるのはどのくらいのものなのか、その条件について解説していきます。